FXって儲けたら課税されるの? 税金と確定申告について

FXを始めたいと考えている人の中には、利益が出た場合の税金のことが気になっている人も多いと思います。

税金はかかるのか?かからないのか?

もしかかるならどのくらいかかるのか?どんな風に税金が決まるのか?

FXを始める前にぜひ知っておきたいことですよね。

ここではFXで得た利益にかかわる税金のことについて解説します。

確定申告って必要なの?

金融商品の取引で得た利益には税金がかかります。

FXも例外ではありません。

FXで得た利益には原則的に税金がかかります。

FXで得た利益は税制上は雑所得になります。

給与所得のように源泉徴収制度がないので利益を得た人が確定申告をしなければなりません。

確定申告とは、1年間で得た所得から、かかった経費や、すでに納めた税金、そのほか税金の控除対象になる所得などを差し引いて、最終的な課税金額を確定するために行います。

FXの場合も1月1日の取引開始から、12月31日の取引終了までの間に得た利益と、取引にかかった経費を差し引いて確定申告をしなければなりません。

確定申告が必要ない人の条件とは?

FX取引で利益を得た場合には原則的には確定申告が義務ですが、条件によっては確定申告をしなくてもいい人がいます。

年収2000万円以下の給与所得者の場合には給与所得と退職所得はすでに源泉徴収されています。

そのため、それ以外の収入、例えばFX取引による利益や株取引での利益が合計で20万円以下のときには確定申告の必要はありません。

しかし、FXの収入が20万円以下でもほかの収入があって、FXでの利益と合計して20万円を超える場合には確定申告しなければなりません。

例えばFXでの利益が15万円で株取引などで5万円を超える利益があれば確定申告しなければならないのです。

また、専業主婦や学生など、誰かの扶養家族になっている人がFXなどの金融商品取引で得た年間利益が38万円以下の場合には確定申告の必要はありません。

FXでの利益が20万円でも株取引などの利益が18万円を超えれば確定申告をしなければなりません。

FXには株式のように特定口座はないので確定申告が必要

株取引をするときには証券会社に口座を開設します。

その口座には一般口座と特定口座があります。

そして特定口座には源泉徴収有りの口座と源泉徴収無しの口座があります。

源泉徴収有りの特定口座の場合には利益が出ると源泉徴収してくれるので、この口座の持ち主はこの口座にかかわる取引で利益を得ても確定申告をする必要はありません。

また源泉徴収無し特定口座の場合にも証券会社が確定申告用の様式を準備してくれるので、確定申告がとても簡単にできます。

一方でFXには、特定口座のシステムはないので取引をする人が各自で確定申告をする必要があります。

FXの税率との内訳

FXでの利益に対する税率は、利益額に対して所得税15%、住民税5%です。

ただし、2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間は、復興特別所得税が課税されます。

復興特別所得税の税率は所得税額に対して2.1%です。

復興特別所得税の利益全体に対する割合は(所得税率15%×2.1%)と計算して0.315%となります。

15%+5%+0,315%=20.315%がFXでの利益に対する合計税率です。

結構大きな金額になるので、FXで利益が出た場合には必ず念頭に置いておきましょう。

FXで利益が出たからと言って全額を使ってしまうと税金が払えなくなってしまいます。

税金は期限までに払わないと延滞金がつくので要注意です。

少しでも節税する方法

FXで得た利益に20%超の税金がかかるとなれば確定申告をするのも、ちょっと残念な気持ちになってしまいますよね。

なんとか、節税する方法はないものでしょうか?ずっと継続して利益を出し続けている場合には、節税の方法はなかなか難しいものです。

しかし、他の金融商品で損失を出した場合などでは、FXでの利益と他の金融商品で出た損失を合算することができます。

例えばFXでの利益が50万円で他の金融商品取引で出た損失が35万円だとすると合算すると合計利益は15万円ということになります。

この場合には確定申告が節税につながります。

また、FX単独の損益でも年間の最終損益が損失だった場合、その損失を3年間繰り延べて控除対象にすることができます。

当年の損失分を翌年から3年間の利益から差し引いて計算することができるのです。

例えば、ある年に損失が100万円出たとすると、翌年に50万円の利益を出しても前年の損失と通算して利益0と計算することができます。

その翌年に80万円の利益を出した場合には、前々年の損失の残り50万円を繰り延べることができ、その年の利益は80万円-50万円で30万円となります。

大きな節税になります。

確定申告は税金を払うためでだけではなく、損失分の控除をしてもらうためにも必要なことです。

毎年継続して確定申告をしておくことで節税につなることがあるのです。

2020年の確定申告はいつ行えばいい?

原則として、1月1日から12月31日までの利益と経費などを計算して、翌年の2月16日から3月15日までに確定申告を行います。

また確定申告で確定した税金の納付期限も3月15日です。

期日が土日祝日に当たった時には次の平日まで繰り上げます。

2019年分の確定申告は2020年2月17日(月)から3月16日(月)までに行います。

2020年分の確定申告は2021年2月15日から3月15日までに行います。