FXの口座開設の審査に落ちる原因とは?落ちないための準備をしよう

FXと取引を行うためにはFX業者や証券会社に口座開設が必要です。

ネット上で口座開設することもできますが、申し込みをしたすべての人が口座開設できるとは限りません。

FX業者や証券会社による一定の審査を経てはじめて口座開設することができます。

FXの口座開設の審査に落ちる原因はクレジットカードの申し込みとは異なります。

本ページでは、FX口座開設に落ちてしまう原因、審査落ちしないための準備方法について紹介します。

はじめに、FX口座開設に「審査」が必要な理由

FXの口座開設に審査が実施される最大の目的は、第三者によるなりすまし口座開設や、FXの口座が犯罪に利用されるのを防止するため厳格に本人が申し込んだことを確認するためです。

そしてもう一つ理由があります。

FXは元本保証がない金融取引です。

レバレッジをかけて取引を行うため損失額が大きく膨らむリスクも少なくありません。

そのため収入に不釣り合いな多額の投資をしようとしている人を未然に排除する抑止的な効果のためにも審査は実施されています。

FX業者や証券会社は口座開設してくれた人と長いお付き合いをしたいと考えています。

資金不足になったり破産をせずに適切なトレードを行ってもらえる人であるかどうかを見極めるために審査は行われます。

FX口座開設の審査で落ちる原因

FX業者や証券会社の口座開設審査で落ちる人は、次のようなことが原因と考えられています。

  • 年収と不釣り合いな過剰な投資を考えている
  • 登録情報と本人確認書類の内容が一致しない
  • 本人以外の名義で、口座開設を申し込んだ
  • 金融資産ない
  • 年齢条件を超える
  • 身内が金融商品取引業者で勤務している
  • 日本国内に居住していない
  • 海外から申し込んでいる
  • 学生

FX業者や証券買会社毎に審査の基準は異なりますが、共通して本人と認められない人や金融資産が乏しい人、過剰な取引を望んでいる人などが主に審査を通過できません。

また、審査の基準は明確にしていません。

審査基準を明確にすると虚偽の申告をする人がいるからです。

あくまでも自己申告に基づいて審査を行うため、虚偽申告を防止するようにしているのです。

FX口座開設の審査で落ちないためのコツ

FX業者や証券会社の口座開設で審査に落ちないようにするコツは健全なトレードをすることをアピールすることが大事です。

まず、虚偽の申告は絶対にしないことが大事です。

年収や資産などを多く見積もったりしても審査は有利に働きません。

年収が少なくてもトレード額が小さければ健全な取引になるため審査を通過できます。

FXは余裕資金で行うことがベストとされています。

元本保証がされていないため例え資金がなくなっても生活苦に追い込まれないことが必要不可欠になります。

そのため余裕資金でトレードする意思があることが大事なポイントです。

余裕資金は可能であれば100万円以上あるのが望ましいのですが、決して虚偽の申告をしてはなりません。

仮に審査を通過しても資金がない状態でスタートしても決して良い方向にはならないものです。

そして、審査では投資額についても質問されます。

トレード額は年収の50%以内に収めることがベストです。

300万円の年収であっても150万円の投資額であれば審査を通過できる可能性は高くなります。

逆に600万円の年収で800万円の投資額であれば過剰投資であると判断されてしまいます。

FX口座開設の審査で落ちたときの解決法2つ

FXの口座開設で審査落ちしたからと言ってあきらめる必要はありません。

再度チャレンジすることも可能です。

審査に落ちた時の解決策として一つは期間を開けてから再度同じ会社に申し込むことです。

クレジットカードの審査と同様に約半年の期間を開けてから申し込むのが得策です。

一回目では審査落ちしても二回目ではあっさり審査を通過したケースも少なくありません。

もう一つの方法が別のFX口座に申し込むことです。

FXの審査基準は会社によって異なります。

また、クレジットカードやカードローンのように信用情報機関に問い合わせる審査方法ではないため、会社を変えることで審査を通過できるケースもあります。

ホームページなどでは審査に通過しやすい会社などを紹介していますので、それらを参考にして会社選びをするのも方法です。

FX口座開設に関するQ&A

・口座開設したことは勤務先にバレない?

FX口座を申し込むときには会社名称や住所、電話番号を記入する欄があります。

クレジットカードやカードローンの申し込みの場合には在籍確認を行うケースがありますが、FX口座開設の場合には在籍確認を行うことはありません。

もちろんトレード内容や利益などが会社に報告されることはありません。

職業によって口座開設が有利に働くこともないため、会社名や電話番号は正確に記入することが大事なポイントです。

・口座開設にデメリットはない?

維持手数料など FXの口座には維持手数料はかかりません。

そのため口座開設したからと言ってデメリットはなく、逆に一度開設すれば会社が倒産しない限り継続して口座を持ち続けることができるため、年齢が審査基準の上限を超えても利用し続けることができます。

闇雲に口座開設することはおすすめできませんが、必要なFX口座を会社勤めしている間にしておくことも方法です。